有限会社新地開発トップ > 物件一覧 > 儀保町事務所 > 301・401

儀保町事務所 301・401

儀保町事務所 3-4階

フリーレントで初期費用がお安くなります。飲食可。DIYやセルフリノベ大歓迎♪3階と4階あわせての貸し出しになります。職種お問い合わせください。モノレール儀保駅まで徒歩約2分。2階の募集も有。一括貸し相談可能です。

賃料/坪単価
12万円 /
0.56万円
坪数/面積
21.44坪 /
70.88㎡
所在階
3-4階
管理費・共益費
-
敷金
0ヶ月
礼金
0ヶ月
  • 検討リストに追加
  • お問い合わせ

初期費用シミュレーションこの物件を借りた場合の初期費用の一例です。

賃料
管理費・共益費
敷金:
礼金
前家賃(日割り) ※1
  • +
  • -
前家賃(日割り)
仲介手数料 ※2
その他費用 ※3

合計

※1. 1か月を30日として計算しています。

※2. 仲介手数料は仮の価格となりますので、実際の価格に関してはお気軽にお問い合わせ下さい。

※3. その他費用の項目は、保険料、保証会社加入料、防犯防災用品になります。

ポイント・特徴

モノレール儀保駅まで徒歩約2分 3階と4階あわせての募集 一括貸し相談可

お問い合わせは 有限会社新地開発まで

098-884-3711

  • 〒903-0806
  • 沖縄県那覇市首里汀良町3丁目101-3 

9時30分~17時30分  定休日:日曜・祝祭日・GW・旧盆・年末年始

  • 検討リストに追加
  • お問い合わせ
情報の見方

物件概要

【店舗一部】 物件番号:83800725 情報更新日:2024年06月13日 次回更新予定日:2024年06月27日
所在地 沖縄県那覇市首里儀保町2丁目23
交通
坪数(面積) 21.44坪(70.88㎡)
賃料/坪単価 12万円/0.56万円 管理費・共益費 -
敷金/礼金/保証金 0ヶ月/0ヶ月/- 償却/敷引 -/-
更新料/更新事務手数料 -/1.1万円 権利金/雑費 -/-
造作譲渡金 - 駐車場/月額料金 無/-
保険加入/料金 有/22,500円 保険名/保険期間 総合安心保険/-
保証人代行義務/利用料 必加入/ 月額総賃料×100%:契約時120,000円/毎年、月額賃料の10%支払い 保証会社 全保連
保証会社詳細 - 向き -
築年月(築年数) 1974年 1月 (築50年) 契約期間 2年
種別/構造 店舗一部/鉄筋コンクリート 用途地域 近隣商業
部屋/所在階/階建 301・401/3-4階/4階建 総戸数 -
現況/引渡時期 空家/相談 取引態様 専任媒介
物件番号 83800725 取引条件の有効期限 2024年06月27日
設備条件
  • 飲食店可
備考 ※間取り図、写真が現況と異なる場合は、現況を優先とします。
※業種により保証会社のプラン・テナント火災保険料の金額が異なります。
■保証会社加入料 契約時月額総賃料×100%(120,000円)+毎年月額賃料10%(12,000円)支払い
条件(その他) 保証会社加入料:12万円  防犯防災用品:8,580円  浄水器リース料:1,452円(月額)
取扱会社
  • 有限会社新地開発
  • 沖縄県那覇市首里汀良町3丁目101-3 
  • TEL:098-884-3711
  • 沖縄県知事 (8) 第2677号
    賃貸住宅管理業者免許:国土交通大臣(2)第100号
  • 公益社団法人 沖縄県宅地建物取引業協会
    公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
    公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会
    全国賃貸管理ビジネス協会

※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。

物件お問い合わせ

必要項目の入力

0/0
必須項目完了

確認画面へ
お進み下さい

0/0
必須項目完了

確認画面へ
お進み下さい

必須

お名前

必須

フリガナ

任意

メールアドレス

必須

携帯番号

必須

物件種別

任意

内容

必須

要望

利用規約及びプライバシーポリシーを必ずお読みください。左記内容に同意いただいた場合は、確認画面へお進み下さい。

未入力項目があります

公開物件数
ロード中
本日の更新件数
ロード中
会員物件数
ロード中
▼ご希望の店舗をお探しします
物件リクエスト

会社概要

会社画像
有限会社新地開発
  • 〒903-0806
  • 沖縄県那覇市首里汀良町3丁目101-3 
  • TEL/098-884-3711
  • FAX/098-884-3798
  • 沖縄県知事 (8) 第2677号
    賃貸住宅管理業者免許:国土交通大臣(2)第100号

トップへ戻る