有限会社新地開発トップ > 有限会社新地開発のスタッフブログ記事一覧 > 創業30周年祭にむけた想い

創業30周年祭にむけた想い

≪ 前へ|旧盆に願う、円満相続   記事一覧   新築祝い|次へ ≫
カテゴリ:イベント★

台風が全然来ないですね~(不動産業界にとってはありがたい)。

暑さは相変わらずですが心なしか、秋に向かって日中の日差しがやわらいでいる気がする今日このごろです(^^)

 


こんにちは!経理の国吉です。

最近社内では業務のかたわら社員一同、あるイベントの準備をしています

111日にわが社は創業30周年を迎えるのです★

周年にあたり、お客様を招いて記念会を催すため、会場の進行や社員余興の練習など、みんなでハリきって練習しています。


 

私は周年記念誌を作るチームにも振り分けられていて、先月からメンバーで校正など熱く打ち合わせを重ねていますが、意外と難しい記念誌作り!頭痛がしております!!




果たして111日の記念祭に間に合うかどうか・・・苦笑!メンバーが熱すぎて、盛りあがりすぎているということにしておきましょう()

 


記念誌を製作するにつれ、感じていることがあります。


社の歩みやこれまでの歴史、事業の拡大・・・スタート時は創業社長と数人のスタッフでの小さな始まりも現在は社員在籍数14人となり、30年という短くはないこの年月を、重ねてこられたのはいつなんどきも支えてくださってきてくれたお客様たちがいるからだと深く感じ入りました。

私たちが歩いてつくってきたような道も、振り返ってみると、道をつくってくれたのは新地開発を応援して下さったお客様たちだということです。

 


お客様がいてくれたからこそ。いてくれるからこそ。


 

日頃から、大切に心に留めているつもりですが改めて感謝の気持ちが湧き、背筋が正されるような想いです。

これからはより一層、お客様に喜ばれ、地域に貢献することができる会社となれることが私たち新地開発の使命です。

 


さぁ、季節の変わり目に体調崩さないよう気を付けて、準備万端で111日を迎えたいと思います♪

 

 

≪ 前へ|旧盆に願う、円満相続   記事一覧   新築祝い|次へ ≫

渡嘉敷二美 最新記事



渡嘉敷二美

新地開発の社員は、お互い言うべき事は言い、賞賛すべき時は心から称賛し、協力する時は惜しみなく協力する。そんな風通しの良い雰囲気です。それがお互いの信頼関係につながっていると思います。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る